トランクルームを使用する場合に気をつけたいこと

他人の荷物を預けるのには不利

荷物を預けるのに大変便利なトランクルームですが、いくつか注意点があります。トランクルームの中に入れるのは契約者のみとなっており、契約者以外の人はトランクルームの中には入れないようになっています。そのため契約者が他人荷物をトランクルームの中に保管した場合、依頼主が必要となった場合にすぐに取り出せない可能性が高いです。鍵を他人に預けても、防犯カメラで見られているので通報される場合があります。そのため他人の荷物をトランクルームに保管するのはやめておいた方がよいです。その上でどうしても他人の荷物をトランクルームにあずかるのであれば、すぐには取り出せないことを条件に預かるようにしないと、大変な事になります。

工夫して保管すると後々困らない

様々な種類の荷物をまとめて預けてしまうと、どこに置いたか分からなくなり、トランクルームの中だけでなく家の中まで探し回るようになる事がよくあります。そうならないようには、トランクルームの中に入れる荷物と、家の中に保管しておく荷物を最初から決めておく方が良いです。その上でトランクルームに預ける荷物が分かりやすくするための工夫ですが、スーツケースの中に旅行関係の物を入れて保管したり、おもちゃ箱に子供のおもちゃを保管するなど、中身をイメージしやすいように工夫すれば、トランクルームの中に何を保管しているのか分かりやすくなり
探しやすくなるので、後々トランクルームの中を探す際に困る可能性が低くなってきます。

レンタルコンテナは、家庭内で不要になった物品を一時的に保管するために使い勝手の良いスペースとして知られ、ここ数年のうちに利用者が急増しています。